ボルダリングシューズお手入れ方法と臭い対策
靴のお手入れ大好き工房

ボルダリング

クライミングシューズの手入れってどうすればいいの?」
「クライミングシューズは洗えないって本当?」

そんな疑問にお答えすべく、
クライミングシューズ(ボルダリングシューズ)の
お手入れに関する情報をご紹介いたします。

靴のお手入れ大好き工房、店長の中田よしのりです。
靴はお手入れで生まれ変わります。

当店では、修理やケアなどで毎月1,000足のアウトドアシューズをお預かりしています。
適切な手入れでピカピカに生まれ変わった靴を手にしたお客様から、
驚き、感動、喜びのお声が当店に数多く寄せられています。

>>お客様のお喜びの声はこちら

店長 中田よしのり
店長 中田よしのり
ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)長くご愛用いただけるよう、
ぜひこの記事をご参考になさってください。

クライミングシューズのお手入れが必要な理由

まず、そもそもクライミングシューズのお手入れは必要なのでしょうか?
足の汗を吸収し臭いが発生したり、チョークで汚れてしまうため、クライミングシューズはお手入れが必要です。
傷まないように大切にメンテナンスすることで、長く愛用することができます。
定期的に適切なケアを行っていきましょう。

自宅でのセルフお手入れの注意点

都度、クライミングシューズのお手入れやメンテナンスを専門店に依頼すると、
費用が嵩んでしまったり、お持ち込みやご配送のお手間がかかりますよね。
当店では、ご自宅でのセルフケアをおすすめしています。
ご自身で定期的に適切なお手入れをしていただくと、より一層愛着が持てますし、いつでも綺麗
な状態を保てるので、靴が長持ちします。
ご自宅でクライミングシューズのお手入れをしていただく際の注意点は以下の通りです。

天日干しではなく「陰干し」しましょう

天日干ししてしまいがちなのですが、陰干しで乾燥させましょう。
天日干しするとソールのゴムが硬くなってしまったり、乾燥しすぎてしまい傷みやすくなります。
ゴムが硬くなるとフリクション性能が落ちて、クライミングのパフォーマンスにも影響し得るためご注意ください。

クライミングシューズは水洗いできない?

クライミングシューズのシャンクは、パルプ(紙)でできているため、水に濡らすとシューズの性能が落ちます。
そのため、水洗いはできないと言われています。
中には、樹脂製のシャンクを採用した洗えるクライミングシューズも出ています。
当店では、「クライミングシューズは洗えない」という認識を覆し、
シューズの性能を落とさずにクライミングシューズを洗い、より清潔に保つためのオリジナルケア用品を開発中です。

臭い対策には消臭スプレーまたは靴下

クライミングシューズは素足で履くことが多いため、足の汗や皮脂によって臭いが発生しやすいです。
消臭スプレーを使用するか、薄手の靴下を履くことである程度ニオイを抑えることができます。
高温多湿によって、臭いの元となる雑菌が繁殖しやすくなるため、陰干しで徹底的に乾燥させたり、
後ほどご紹介する「ドライポント」など乾燥剤の併用をおすすめします。

クライミングシューズのお手入れが必要なタイミング

基本的には、「クライミングシューズを使用した後」がクライミングシューズのお手入れが必要なタイミングです。
面倒に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、
ソールのフリクション性能などがクライミングのパフォーマンスにも影響します。
お手入れをしながら長く大切に履いていくことで、クライミングシューズがよく足に馴染み愛着が持てます。
クライミングの大切なパートナーとなりますので、ぜひ定期的にケアを行っていきましょう。

クライミングシューズのお手入れに必要な道具

ボルダリングシューズのソールのお手入れには、日本のソールメーカーSANOAのソールクリーナーをおすすめします。
アッパーの汚れ落としには、グランジャーズのギアクリーナーをおすすめします。
アウトドア用品の洗剤&撥水剤で知られるグランジャーズは、1937年にイギリスで誕生した歴史あるブランドです。
グランジャーズのシューケア用品は使い勝手が良く、簡単・手軽かつ効果的にご愛用の登山靴をケアすることができます。
強力撥水&環境にやさしい、フッ素を含まないアクリルポリマーを採用しています。
当店では、毎月1,000足のアウトドアシューズをお預かりする靴修理&シューケア専門家の立場で、
独自に複数メーカーの良質な商品を選りすぐり、オリジナルのお手入れセットをご用意しております。
長い間クライミングシューズをご愛用なさっている方にも、クライミングシューズのお手入れは初めてという方にも、
安心してご利用いただけて、ご満足いただけるシューケア用品を厳選いたしました。
>>クライミングシューズのお手入れセット一覧はこちら

<ソールクリーナー>

クライミングシューズ表面のゴムをわずかに取り除き、
新たなゴムを露出させることで、フリクション性能を復活させます。

>>クリーナー・汚れ落とし一覧はこちら

ソールクリーナー

<ソールクリーナー用スポンジ>

ソールクリーナーを塗布するためのスポンジです。

>>クリーナー・汚れ落とし一覧はこちら

ソールクリーナー

<エッジブラシ>

靴の表面についている汚れを落とすためのやや硬めのブラシです。

>>ブラシ一覧はこちら

エッジブラシ

<クリーニングブラシ>

ギアクリーナーを吹き付けた後に、
汚れを浮き上がらせるためのクリーニング用ブラシです。

>>ブラシ一覧はこちら

クリーニングブラシ

<ワイヤーブラシ>

ブラシ部分が金属でできているブラシです。

>>ブラシ一覧はこちら

クリーニングブラシ

<ギアクリーナー>

アッパーを綺麗にするためのクリーナーです。

>>クリーナー・汚れ落とし一覧はこちら

ソールクリーナー

<ドライポント>

靴の中の湿気を取り除く乾燥剤です。

>>小物・アクセサリ一覧はこちら

ソールクリーナー

クライミングシューズのお手入れ方法・手順

 STEP.1 クライミングシューズ表面のホコリや汚れを落とす

エッジブラシを使用して靴の表面についている汚れを落とします。

STEP.1

 STEP.2 クリーナーとブラシでアッパーの汚れを浮き上がらせる

アッパーにギアクリーナーを吹き付け、クリーニングブラシを使用して汚れを浮き上がらせます。

 STEP.3 浮き上がったアッパーの汚れをきれいに取り除く

汚れが浮きあっがたら、堅く絞ったタオルで泡をふき取ります。
クリーナーの成分が残らないようにふき取ります。

 STEP.4 クライミングシューズのソールにクリーナーを塗布する

ソールクリーナーを使用して底面にクリーナーを塗ります。

 STEP.5 陰干しでよく乾燥させる

靴がきれいになった後は、ドライポイントを靴に入れて、
靴の中の湿気を取り除きます。

STEP.5

まとめ

足の汗や皮脂による臭いや、チョークによる汚れを取り除くために、
クライミングシューズのケアは必須です。
クライミングシューズの手入れ方法は、まだ完全に確立されていない部分もありますが、
「陰干しによる乾燥」「ソールラバーのフリクション性能(滑りにくさ)を高める」ことが必要です。
大切なクライミングシューズを長くご愛用いただくために、使用後に適切なお手入れをしていきましょう。

>>クライミングシューズのお手入れセット一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました